管理人が思ったことや、新たな発見などを紹介

ドイツ在住一日一食の変人が書く変なブログ

雑記

日本に質の低い移民はいりません!ドイツに住んでわかったこと

投稿日:

日本とドイツは似ているとよく言われてる

鉄道が発達していて、自動車産業が盛ん、きっちりしていて、真面目

ドイツに住んでみてわかったことはそんなこと全く無いと言うこと

ドイツは全くきっちりしていません!

電車は遅れる、ドイツ製品はすぐに壊れる、役所はいい加減で人によって言うことが違う、仕事もいい加減ですぐに嘘をつく

これが現実のドイツです

もしかしたら、昔のドイツは今と違ってきっちりしていたのかもしれません

ですが、いまのドイツは、日本と比べ物にならないくらいいい加減

先日、ルーマニアからの移民の人と話しているときに

「日本から来た」と言うと、「アジアのドイツ」と言われました

はっきり言って、ドイツに住み始めてから、ドイツと日本が同じように言われると癪に障ります

実はドイツにいるとドイツ人に合うことのほうが少ないのです

ドイツ語を話していて白人なので、ドイツ人かと思うと、多くの人が移民、その人自体はドイツで生まれていても、その親が移民

そんな人達で溢れています。

純ドイツ人言えるような人は殆どいないのです。

現在のドイツはこのような移民によって回されているのです

ドイツはEUに加盟していることで、どんな人でもドイツで働けるようになってしまっています

これは、以前のドイツの高い国民性を低下させているのは

現在のドイツを見れば明らかです

日本がまだ、高い国民性を保てているのは

日本にはこれまでそれほど移民が住み着いていないからです

日本人は比較的、誰もが同じような考え方をしているので

誰とでも話がある程度通じますが

ドイツにいると、全く考え方の異なる国や文化背景からやってきている人と話していると

日本人同士ならちょっと話せばわかり合えることでも

1から10まですべて話さないとわかってもらえない、

日本という国が日本人にとってどれほど高度で住みやすい国であるかを感じることができます。

もともと日本は日本人のための国なので、外国人に住みやすくある必要はないのです

日本人の祖先が、ずっと守り続けて来た日本

今後もずっと日本人のための国で良いのです

外国かぶれの文化人と言われるような人たちの「外国のほうが良い」マインドコントロールに騙されていてはいけません

日本には日本の良いところがあって、悪いところがあって当然

日本の良いところは、日本の悪いところがあるから保たれているのです

日本の素晴らしい鉄道システムが保たれているのは、ある程度の鉄道を運営している人たちの弛まぬ努力という犠牲が必要なのです

日本の郵便や宅配サービス制度は本当に素晴らしい、これもこれらのサービスに携わっている人たちの犠牲の上に成り立っています

今のドイツではこのようなシステムを確立させることは無理でしょう

現在の移民で薄められたドイツ国民にはみんなのためにという感覚はありません

基本的に自分のことしか考えていません

まだ、日本人にはその意識が残っているように私はドイツに住んで強く感じています

日本人は同じ価値観をまだ共有していいるので、個人より和を重んじる感覚が残っているために行動な鉄道システムや宅配システムが成り立っていると思います

そんな日本を外国人に内部から侵略させるような、

移民戦略を取ってしまうと

今のドイツやフランスのような

劣化した国家に成り下がってしまいます

フランスのパリなんて、移民のおかげで、スリや詐欺が横行して、安心して地下鉄にも乗れません

ドイツも以前はきっちりした国だったのでしょうが、いまではとってもそう言えるような国ではありません

日本にとって有益なものをもたらしてくれるような高度な知識や技術を持った外国人を招致するのは良いですが

誰でもできるようなコンビニの店員をさせるために移民を入れていると

ドイツやフランスのように国の質が落ちていってしまうでしょう

-雑記

Copyright© ドイツ在住一日一食の変人が書く変なブログ , 2020 All Rights Reserved.